本ツアーにつきましての質問はお受けしておりません。順次ホームページを更新していきます。

 
画像の説明

 弊社が実施した過去のツアー 

 ■2009年7月の中国皆既日食ツアー(620名)は「烏鎮の奇跡」として語られています。  検索結果はコチラ

  ※「烏鎮の奇跡」(弊社独占観測地)でアップされた方が出てきます。
 ■画像の説明 2015年3月のスヴァーバル諸島皆既日食ツアー  ツアー報告はコチラ

 ■画像の説明 2016年3月のインドネシア皆既日食ツアー  ツアー報告はコチラ

 ■画像の説明 2017年8月のアメリカ皆既日食ツアー  ツアー報告はコチラ

 ■画像の説明 2019年7月の南米大陸皆既日食観測ツアー  ツアー報告はコチラ

 今後の予定企画 

 ■画像の説明 2021年12月の南極大陸皆既日食観測ツアー  もっと詳しく

6234/44/5


雲ひとつ無い、澄みきった空を見上げる。

鉱物巡検、乾燥帯から高山帯までの広域生物分布調査など、

数多くの学術研究を手掛けた豊かな経験による確かな情報力

皆既日食のパイオニアがご案内する素晴らしい観測地。

心して、ご参加下さい。

 

 2020年は夏のパタゴニアへ!

 2020年パタゴニア皆既日食は、観測地で宿泊しますので「星空で極軸設定が可能」です。
 標高〇〇mの広大なテーブルマウンテン上で360度撮影が可能ですので、広角や魚眼レンズによる撮影が期待できます。
 日中はプールで泳ぎ、夜は美味しいAsadoの炭焼き肉、オーナーと愉快なバンド仲間による「音楽の夕べ」に酔い、
 深夜から早朝にかけては街の灯りが無い素晴らしいテーブルマウンテンの上で地平線近くの星座もお楽しみいただけます。
  1)観測地に前泊するので極軸設定が可能!
  2)全員オールシングルで快適!
  3)観測に最適な「テーブル状マウンテン」! 地平線まで見渡せます。
  
 地図や机上の雲量データでは読めない2020年! 成功のカギは「定点観測の現場主義」にあります。乞うご期待下さい!

 

画像の説明

TSE_2020_SouthAmerica_TrackGraph.png

画像の説明

Jay Andersonより抜粋


観測地

 

lightbox2 機能
<南側>
lightbox2 機能<東側>lightbox2 機能<西側>
lightbox2 機能<北側>

画像の説明

<Aコース>

日程:2020年12月10日(木)~12月18日(金)9日間
発着空港:<未定>
航空会社:<未定>
旅行代金:<未定>
一人部屋追加料金:<未定>
最小催行人員:20人(定員25名)
プロフェッショナル添乗員同行
ビジネスクラス追加料金:<未定>
募集開始日:<未定>

<Bコース>

日程:2020年12月10日(木)~12月19日(土)10日間
発着空港:<未定>
航空会社:<未定>
旅行代金:<未定>
一人部屋追加料金:<未定>
最小催行人員:25人(定員30名)
プロフェッショナル添乗員同行
ビジネスクラス追加料金:<未定>
募集開始日:<未定>

<Cコース>

日程:2020年12月10日(木)~12月20日(日)11日間
発着空港:<未定>
航空会社:<未定>
旅行代金:<未定>
一人部屋追加料金:<未定>
最小催行人員:25人(定員30名)
プロフェッショナル添乗員同行
ビジネスクラス追加料金:<未定>
募集開始日:<未定>

<Dコース>

日程:2020年12月10日(木)~12月21日(月)12日間
発着空港:<未定>
航空会社:<未定>
旅行代金:<未定>
一人部屋追加料金:<未定>
最小催行人員:35人(定員45名)
プロフェッショナル添乗員同行
ビジネスクラス追加料金:<未定>
募集開始日:<未定>


日程表

環境保護及び、コスト削減のために「紙のパンフレット」はございません。
「PDF」にてダウンロードしてご自宅等又は、コンビニエンスストアーでプリントして下さい。

製作中

製作中

製作中

製作中


 タンゴ(アルゼンチン) 
画像の説明

1880年頃、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスと、ウルグアイの首都モンテビデオに挟まれたラプラタ河口地帯で生まれました。当時のブエノスアイレスは、新天地を求めて来た移民者がひしめき雑然とした港町(ボカ地区)で、さまざまの人種が共存し、フラストレーションのはけ口として男同士が酒場で荒々しく踊ったのがタンゴの始まりです。次第に娼婦を相手に踊るようになり、男女で踊るタンゴの原型が出来上がっていきます。「酔漢達やならず者が踊る下品な踊り」と批判にもかかわらず下層階級を中心に日増しに人気を得ていきました。
 

YouTube動画 上記ボタンを押して下さい。音が出ますのでご注意ください。

 
画像の説明


 この美味さはクセになる!炭焼き肉「asado」(アルゼンチン) 
画像の説明

画像の説明

アサード(asado)とはスペイン語で「焼いた(過去分詞)」が語源の「肉の炭火焼き全般」を言います。パンパ平原で牛を追うガウチョたちの食文化を継承するものでたき火を囲んで肉の塊を炭火で時間をかけてじっくり焼き上げ、南十字星の下でマテ茶を回し飲みたと言われます。アサードは家族全員や友人知人を招いて大勢で食べるのが一般的で、どこの家の庭にもパリージャと呼ばれる焼肉用の設備があり、肉の調達から炭を熾して焼くのはガウチョの伝統を意識してか男性の仕事となっています。肉の味を尊重して塩と胡椒でシンプルな味付け。牛肉の部位もサーロイン(ビフェ・デ・チョリソ)からヒレ肉(ロモ)・肋骨つき(コステイージャ)・内臓まで多様です。アサードはウルグアイ、パラグアイ、ブラジルでもよく食べられ、パラグアイの場合はマンジョカが添えられ、ブラジルは串刺し風の焼肉(シュラスコ)が特徴となっていますが、肉質は「主食は牛肉」と言うだけあってアルゼンチンが一歩リードしています。

 イグアスの滝 
画像の説明

アフリカのヴィクトリアの滝、アメリカのナイアガラの滝と並んで世界三大瀑布に数えられる南米イグアスの滝。ブラジルとアルゼンチンの国境に位置し、その両国側から大迫力を満喫することができます。目の前でとてつもない轟音を立てながら流れる滝の迫力は想像以上!その水量は世界三大瀑布の中でもダントツと言われ、一生に一度訪れたい場所となっています。この旅行ではアルゼンチン側に加え、滝を見上げる形で大迫力を肌に感じることのできるブラジル側の魅力もたっぷり見学します。

画像の説明

 

YouTube動画 上記ボタンを押して下さい。音が出ますのでご注意ください。


 ペリノモレノ氷河 
画像の説明

画像の説明

 パタゴニア地方、スペイン語で「氷河」を意味する世界自然遺産「ロス・グラシアレス国立公園」。全長約35km、面積約250km²という巨大な氷河は、太平洋の湿気を含んだ風がアンデスの山々にぶつかり、大量の雪を降らせ、積もった雪が圧力で氷結し氷河を形成する、南極大陸、グリーンランドに次ぐ世界で3番目の面積を持つ氷河地帯です。
 ペリト・モレノ氷河の氷は気泡が少なく、透明度が高いため、青い光だけを反射し、クルーズで間近に見ると、神秘的なブルーの輝きを放ちます。12月から3月の夏の間は、氷河が崩落する瞬間に立ち合えることも。乾いた音とともに氷柱に亀裂が走り、静まり返った湖面に地響きを立て崩れ落ちる氷塊。数万年の長い旅路を終えた氷河を見ながら乾杯!

 
画像の説明


画像の説明

画像の説明